|チョコっとLOVE ☆プレゼントなら




今年のバレンタインに




2009年の【バレンタイン】は【虫歯にならない優しさ】を贈りませんか?

虫歯は虫歯菌(ミュータンス菌)が糖を分解して酸を作り、その酸によって歯が溶かされて出来ます。

「歯医者さんが作ったチョコレート」は砂糖を全く使用していませんので、虫歯にならないのです。
ですから、手が不自由で歯磨きが十分に出来ない方にも安心のチョコレートです。


【バレンタイン】歯科医師が薦める虫歯にならないチョコレート!?2009年の【バレンタイン】は...


【バレンタイン福袋・男性用 一万円】バレンタインデーにはあの娘から告白されたい!ヘア・ボディ・スキンケアなどあなたをモテモテにする商品がぎっしり!今だから欲しいフェロモン系アイテムが必ず入ってます。定価合計3万円以上の商品がたったの一万円!【これこれ倶楽部】【バレンタイン福袋・男性用 一万円】バレ...
10,500円
バレンタイン直前!!まだ間に合う!あなたをより魅力的にモテモテにしたい。。だから...

Ads by 電脳卸





バレンタイン Wikipediaより

女性から男性へ贈るのみで反対に男性から贈ることは珍しいという点と、贈る物が多くはチョコレートに限定されているという点は、日本のバレンタインデーの大きな特徴である。最近ではチョコレートにこだわらず、クッキーやケーキなどを贈る人もいる。

日本でのバレンタインデーとチョコレートとの歴史は、神戸モロゾフ洋菓子店が1936年2月12日に、国内英字雑誌に「バレンタインチョコレート」の広告を出し、1958年2月に伊勢丹新宿本店でメリーチョコレートカムパニーが「バレンタインセール」というキャンペーンを行った。ただどちらにしても、あまり売れなかったようである。新宿伊勢丹でのセールでは、1年目は3日間で50円の板チョコが3枚、20円のカードを含め170円しか売れなかった。ソニー創業者の盛田昭夫は、1968年に自社の関連輸入雑貨専門店がチョコレートを贈ることを流行させようと試みたことをもって「日本のバレンタインデーはうちが作った」としている[2]。

その後も似たような状況が続いていたが、1960年に森永製菓が新聞キャンペーンを行なうなど製菓会社が積極的に動き出した結果、日本の文化として根付くようになり、現在に至っている。
posted by チョコミント at 10:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ☆プレゼントなら
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

チョコっとLOVE

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。